レーザー治療

レーザーの効用&特長

いままでの歯科治療といえば、「抜く」「削る」「痛い」などといった不快なイメージが強かったのですが、レーザーは、痛みを和らげ、「抜く」とか「削る」ことを最小限にします。歯グキなどのハレをおさえ、歯周病を治療し、キズの治りを早くするだけでなく、虫歯になりにくくしたり、虫歯になってしまったら必要最低限の除去治療ができるほか、歯を白くするなどの特別な処置にも使われます。ご紹介する治療方法はほんの一例で、他にもいろいろな治療に応用できますので、スタッフまたはドクターにご相談ください。

  • 1回のレーザー治療は短時間で終わります。
  • 症状によっては少々の麻酔をかけて治療します。
  • レーザー治療なら出血もほとんどなく傷あとも残りにくいほか治りも早くなり治療後の痛みもほとんどありません

虫歯予防と治療

歯の溝は複雑で深く入り組んでいるため、そこにたまった食べカスなどは歯ブラシだけでは取り除くのは難しいものです。レーザーは、歯ブラシが届かないところでも、熱エネルギーで虫歯の原因による病原菌を除去します。しかも、レーザーによって歯が強くなり、虫歯になりにくくなる他、歯を強くするフッ素も浸透しやすくなります。虫歯の程度によってはレーザー治療のみで虫歯を除去したり、進行を止めたりすることもできます。

知覚過敏

水を飲んだりハブラシをあてると歯がしみるといった症状はありませんか?その原因の一つとして知覚過敏が考えられます。これは象牙細菅という歯の神経につながる孔(あな)が開いていて神経が刺激されるからです。レーザーで治療すると歯の表面に薄い膜ができて孔をふさぎ、歯の神経を保護するので痛みやしみることを防ぐことができます。

歯周病

歯周病は歯グキから血が出たり口臭が酷くなり、そのまま放っておくと歯が抜けてしまうこともあります。こんな時もレーザーは活躍します。歯と歯グキの間の溝にレーザーをあてて歯周病菌を除去します。レーザーをあてることで歯周病菌が急激に減り、膿が自然に出て、出血や痛みがおさまり、治りを早くします。ブラッシング指導・歯石除去ほかの歯周病治療と併用してレーザー治療を行ないます。

歯周病に対してレーザーの応用は、歯根と歯肉の境にある歯周ポケット内にレーザーを照射することにより、歯周病菌の殺菌、滅菌作用とレーザーによる消炎作用、治癒促進作用を期待して行います。しかし、レーザーによってすべてが改善するわけでなく、本来の歯周病の治療であるプラークコントロール(正しい歯磨き)、歯石除去、負担のかかっている歯に対する噛み合わせの調整等が必要不可欠となります。これらの処置を行う事により、歯周病の進行を止めることができます。

費   用
保険の治療内で行っており、レーザー照射に対して特別な料金負担はありません。
治療期間
歯周病の進行状態によって異なります。重症の場合は、半年~1年近くかかる場合もありえます。
治療時間
1回30分程度で予約制で行っております。

歯グキの黒ずみ

メラニンという色素により、歯グキが黒くなることがあります。こんな時もレーザーはこの黒ずみをきわめて短時間で除去します。数日後にはもとのきれいなピンク色の歯グキに生まれ変わります。

口内炎

お口の中や、唇にできる口内炎や口角炎の痛みは、レーザーですぐ和らぎ、治りも早くなります。入れ歯があたってできる潰瘍(かいよう)にも効果があります。