• 看護部長挨拶
  • スタッフからのメッセージ
  • 募集要項

看護部長挨拶

心和会八千代病院は、精神科急性期・精神療養・認知症・特殊疾患の病棟を有する精神科の専門病院です。このように機能分化している病院は県内でも数少なく、患者様の状態にあったより専門性の高い治療・看護を目指しています。 また、私達は「人を大切にする」をモットーに「私も受けたいと思えるようなサービスを提供します」を理念として、日々の治療・看護を行っています。
看護部門においては、新人研修等の院内研修・継続教育も行い、看護を学ぶ学生さんにも精神看護学実習のフィールドとして実習を受け入れるなど看護水準を上げる努力も行っています。
当院の看護スタッフは、皆さん「頑張り屋」です。一生懸命に業務を行い就業時間内に業務を終わらせ、業務外の時間を有効に使っています。スタッフの年齢層も幅広く、妊娠から出産、子育て中のスタッフも大勢います。病棟も精神科急性期・精神療養・認知症・精神+身体合併症(内科系病棟)などに分かれているため、精神科の看護経験の有無に関係なく幅広く看護スタッフを必要としています。皆さんの力が発揮できる職場環境だと思います。再就職支援も行っていますので、新人からベテラン、ブランクのある方も気軽にお尋ねください。

看護部長

看護部長 山口 悦子


スタッフからのメッセージ

精神療養病棟 看護師 Aさん(36歳・女性)

看護師になって私は、大学病院で内科・小児科・救命センターに15年ほど働いていました。 働きながらいつも同じ壁にぶつかり考えるようになりました。それはたとえば、癌を告知された患者さん、生涯治療を受け続けなくてはならなくなってしまった患者さん、大切な人を亡くした家族の方、私はもともと訥弁な性格もあり、そのような患者さんやご家族を前にして、何と声を掛けたらよいのか?その方々の心にどう入っていけば良いのか?ということがわからないということでした。そしてわたしは、自分の苦手なところを克服し、人とのかかわり方を勉強したいと思うようになり、八千代病院の精神科に入職しました。
今、八千代病院で働き1年が経ちました。精神科の医師や看護師の方々はとても優しく穏やかな方が多いように思います。患者さんに対する話の聴き方、接し方もとても勉強になり、疾患や薬についてもたくさんのことを先輩から学べています。親切丁寧に教えてくださるので、一般科から精神科への仕事の違いもスムーズになじむことが出来ました。
入職時と比べ、私は昨日と違う表情をした患者さんをみると、話を聞き、解決してあげられたらと思えるようになりました。そして日々患者さんと過ごす中でひとりひとりをとてもかわいく思えるようになりました。 これからもたくさんの患者さんとの出会いの中で、少しずつ自分の苦手なところを強化し、役立てられるよう八千代病院のスタッフの一人として楽しみながら、看護師を続けていきたいと思います。 精神科に興味のある看護師の方、経験がなくても大丈夫ですよ。優しい医師や看護師の先輩方と一緒に働いてみませんか?

スタッフ
精神療養病棟 准看護師 Bさん(39歳・女性)

現在、3歳と1歳の子供を育てながら勤務しています。八千代病院に勤めて13年目になりますが、その間に妊娠・出産・育児と経験してきました。 妊娠中は病棟のスタッフや他部署の方から温かい励ましをいただき、勤務することができました。
産休・育休を経て復職してからは、先輩看護師や同じ立場になる同僚等から、育児の知恵や家庭と仕事を両立するコツを教えてもらったりしています。 子供が小さいことで色々とご迷惑をかけてしまうこともあるのですが、どんな時も看護師長に相談ができ、スタッフも支えてくれることで安心して子育てを行っていけます。 仕事と育児・家庭の両立は正直大変なこともありますが、実務的なことはもちろん、精神的支えのある職場のおかげで頑張れているのだと思います。

スタッフ
精神科外来 看護師 Cさん(42歳・女性)

私はブランクがかなり長く、採血や心電図の経験もなく、再就職のチャンスをいただけるとは思いもよらなかったです。入職後も後押ししてくれるスタッフに恵まれて、自分のペースで仕事を覚えさせていただきました。心から感謝しています。 精神科の臨床経験もなく、未知の分野でしたが、今では疾患を患いながらも一生懸命に生きる患者さんの姿を見ると私自身の人生にも大きな実を結んでいると感じます。
当院では病棟や職種がことなっても、挨拶が活発であり、気持ちよく院内を歩くことができます。 大きな不安をもっていましたが、おかげさまで半年たつ頃には仕事に行くのが楽しくなりました。今後はさらに一人でも多くの患者さんのサポートにかかわっていきたいです。

スタッフ
精神療養病棟 准看護師 Dさん(31歳・女性)

「精神科の病院」という言葉を聞いたとき、皆さんはどのような場所を想像するでしょうか。当病棟に実際に訪れた方たちのお話を聞くと、「想像していたよりも病棟の雰囲気も、入院されている方たちも明るくて驚きました」という感想を持たれる方が比較的多いようです。私自身も「精神科病院」というと学生時代に授業の一環で鑑賞した「レナードの朝」や「カッコーの巣の上で」等の映画の印象が強く、映画の中のような閉鎖的で暗い空間を想像していました。しかし、実際に職員として勤めて思うことは、長期療養されている方が一般病棟に比べ多いため、どちらかというと治療の場でありながら生活の場であるという色合いが濃いということです。
そして、精神科病棟では、対人コミュニケーションについてあらためて正面から向かい合うことが出来ることが最大の特徴かと思います。また、入院している利用者さまの精神症状により病棟が区分けされているという特徴から、一つの病棟に年齢・身体能力・日常生活動作能力が異なる方がいらっしゃいます。20代の若者から90歳のご高齢の方、歩ける方から寝たきりの方までが一緒に生活しておられる点も大きな特徴だと思います。 このような特色から、悩むこともありますが、とてもやりがいのある仕事です。

スタッフ
急性期治療病棟 看護師 Eさん(34歳・男性)

看護師の資格を取得してから、現在4年目です。もともと、看護師になろうと思っていた訳ではありませんでしたが、心理的な事に興味があり、精神科の病院に就職しました。始めは、看護助手として入職しましたが、利用者の方と実際にどう接して良いか分らないこともよくありました。そうした中で、やはり、きちんとした知識・技術は必要だと思うようになり、看護学校を受験することを決めました。無事に学校に合格してからは、勤務・奨学金等で病院、病棟スタッフの方に様々な援助、協力をしていただきました。仕事と学校の両立は、それなりに苦労をしましたが、学校で習ったことをすぐに体験できることは、良かったと思います。また、分からないことや、困ったことを先輩の看護師に聞くことができて、すごく助かりました。そうしたおかげで、無事に資格を取ることができました。精神疾患の症状は様々で個々に違いがあり、その人らしさを尊重した看護は難しく、日々勉強の毎日です。

スタッフ

募集要項

◉募集要項

職種
正看護師、准看護師
雇用形態
常勤または非常勤
勤務地
八千代病院
初任給
基本給+主要手当 モデルはコチラ
諸手当 夜勤手当・勤続手当・家族手当・調整手当
※交通費は原則として実費支給
待遇
賞与年2回(計3.4ヶ月分:前年度実績)
勤続5年ごとに特別賞与
昇給年1回 給与体系の考え方
社保完備、交通費規定内支給、退職金制度
休暇
年間休日118日
有給休暇10日(初年度半年後に付与)
勤務時間
2交替制
日勤: 8:30~17:00
夜勤:16:30~9:00
福利厚生
福利厚生のページをご確認ください。

◉応募方法

応募フォーム
ホームページ内の応募フォームにてお申込みください。応募フォームはこちら
履歴書・職務経歴書等は応募フォーム送信後に自動返信されるメールに添付にてご返信いただくか、下記までご郵送ください。ご郵送の場合、書類確認後にご連絡させていただきます。
書類送付先
〒276-0021 千葉県八千代市下高野549
医療法人社団心和会 八千代病院 人事採用担当宛
お電話
ご応募はお電話でも受け付けております。
下記までお気軽にご連絡ください。
tel.047-488-1511  医療法人社団 心和会 八千代病院 人事部長(坂本)
採用までの流れ
履歴書送付 → 1次選考:書類審査 → 2次選考:面接審査 → 採用合否通知

◉資料請求

応募される前に、心和会(もしくは勤務をご希望される病院)のパンフレットをご希望される方は、お電話にてお申し出ください。資料をご郵送いたします。


◉交通アクセス

このページのトップへ